L分野 ネットワーク・セキュリティ
選奨セッション
ネットワーク・セキュリティ
8月25日(水)9:30-12:00 1m会場
CL-001バッファリング遅延を考慮した低消費電力ネットワーク制御の性能評価
◎高瀬 優人・中山 明(福島大学)・ザビル サラウッディン・ムハマド・サリム(鶴岡工業高等専門学校)・内海 哲史(福島大学)
CL-002異種輻輳制御機構の競合時における性能評価:CUBIC TCP vs Copa vs BBR
◎荻野 雅史・岡田 章吾・内海 哲史(福島大学)
CL-003IoTセキュリティと不快感の緩和を考慮したテレビ視聴ロボットにおける安全・安心対策
○村崎 康博・星 祐太・萩尾 勇太・上村 真利奈・金子 豊・山本 正男(日本放送協会放送技術研究所)
CL-004攻撃ユーザプロセスの利用するカーネルコードの追跡と特定手法の提案と評価
○葛野 弘樹(セコム株式会社IS研究所)・山内 利宏(岡山大学)
CL-005ダークネット観測における特徴的な通信を持った送信元の挙動調査に関する研究
◎ファン・アン ソン・中村 康弘(防衛大学校)
CL-006SNSユーザの自己紹介文にあらわれる偏りに着目したフェイクニュース検知
◎古川 凌也・伊藤 大貴・高田 雄太・熊谷 裕志・神薗 雅紀(デロイト トーマツ サイバー合同会社)・白石 善明・森井 昌克(神戸大学)
CL-007ハッシュ関数の特徴を用いた深層学習によるマルウェア分類
○馬場 隆寛・馬場 謙介・山内 利宏(岡山大学)
マルウェア・侵入検知
8月25日(水)15:30-17:30 3n会場
L-001機械学習系マルウェア検知システムへの中毒攻撃データ生成の特徴量空間拡大検討
◎蘇 思遠・長谷川 皓一・山口 由紀子・嶋田 創(名古屋大学)
L-002時系列特徴に基づく機械学習を用いたサイバー攻撃検知
◎湯山 樹弥・八槇 博史(東京電機大学)
L-003反射型クロスサイトスクリプティングにおける強化学習を用いた攻撃の評価
◎長谷川 健人・披田野 清良・清本 晋作(KDDI総合研究所)
L-004High-Performance Distributed NIDS Cluster Based on Hybrid Detection Platform
○Hu Zhenguo・Hasegawa Hirokazu・Yamaguchi Yukiko・Shimada Hajime(Nagoya University)
L-005CyberThreatIntelligenceを活用したログ分析システムの提案
◎片山 貴大・川口 信隆・重本 倫宏・杉本 暁彦(日立製作所)
データセキュリティ
8月27日(金)9:30-12:00 6p会場
L-006データ解析におけるプライバシー保護のためのデータ拡張
◎趙 文峰・成 凱(九州産業大学)
L-007非負集計データのための部分和精度に優れた差分プライバシー適用手法二次元化の一考察Ⅴ
○本郷 節之(北海道科学大学)・石井 貴己(SOC)・寺田 雅之(NTTドコモ)・杉尾 信行・鈴木 昭弘・稲垣 潤(北海道科学大学)
L-008署名形状を考慮した平均時系列データ生成とオンライン署名照合への応用
○大川 学(警視庁)
L-009講演取消
L-010エッジにおけるセンサデータの集約手法の実装と評価
○吉見 真聡・清家 巧(TIS株式会社)
L-011物理構成可視化方式に関する検討
◎越出 和磨・坂崎 尚生(日立製作所)