M分野 ユビキタス・モバイルコンピューティング
選奨セッション
ユビキタス・モバイルコンピューティング
8月25日(水)9:30-12:00 1n会場
CM-001犬と人間の良好な関係性の構築のための簡易センサデバイスによる行動分析
○大澤 嘉規・堀川 三好・岡本 東・佐藤 祐紀・猪股 一歩希(岩手県立大学)
CM-002A Field People Counting Test Using Millimeter Wave Radar in the Restaurant
◎李 盛雷・菱山 玲子(早稲田大学)
CM-003高次統計量を用いた高速ブラインド等化器
◎武山 尚生・三次 仁(慶應義塾大学)
CM-004複数の変動要因情報の学習に基づくWLANスループットの予測
◎土屋 文彦(東京理科大学)・菅 宣理(ATR波動工学研究所/東京理科大学)・雨車 和憲(工学院大学)・矢野 一人・鈴木 義規(ATR波動工学研究所)・藤沢 匡哉(東京理科大学)
CM-005グラフ/ネットワーク分析による首都圏高速道路の交通トラフィック分析
◎武井 泰知・大槻 明(日本大学)
高度交通システムとネットワークサービス
8月25日(水)13:10-15:10 2n会場
M-001遠隔観光支援システムにおけるDroneの協調的操作機能の提案
◎佐藤 悠太・橋本 浩二(岩手県立大学)
M-002GTFSデータを用いた路線バスの遅延状況推定
○但馬 慶行・高橋 由泰(日立製作所)
M-003地域公共交通向け従業員管理支援アプリケーションの試作
○内林 俊洋(九州大学)・高木 秀也・末吉 智奈佐・稲永 健太郎(九州産業大学)
M-004オンデマンド実時間配車サービスSAVSにおける待ち時間分散の最適化
◎西川 和真・平田 圭二・竹川 佳成(公立はこだて未来大学)
M-005三密回避のためのキャンパス情報の効果的な利活用に関する提案
○石井 健太郎・植竹 朋文・沼 晃介・飯田 周作・河野 敏鑑・安藤 映・江原 淳(専修大学)
M-006目的と手段を区別した習慣化支援SNSの設計
◎森川 佑希・高田 秀志(立命館大学)
ユビキタスコンピューティングとデバイス
8月26日(木)9:30-12:00 4p会場
M-007没入型ソフトウェア可視化システムにおける複雑構造理解に適したインタラクション手法
◎青木 達志・藤波 香織・辻 愛里(東京農工大学)
M-008長期利用における行動改善効果維持のためのアンビエントディスプレイ
◎国方 詩織・辻 愛里・藤波 香織(東京農工大学)
M-009Optical Camera Communicationにおける環境適応型CSK
◎小野寺 幸仁(東京農工大学)・久野 大介(大阪大学)・中山 悠(東京農工大学)
M-010超高遅延・ロス環境での遠隔物体検出のための確率的画像転送法
◎坂口 朝陽(東京農工大学)・丸田 一輝(東京工業大学)・井上 文彰・中原 睦貴・久野 大介(大阪大学)・原 祐子(東京工業大学)・中山 悠(東京農工大学)
M-011講演取消
M-012オンライン授業におけるオンライン試験のための不正抑止アプリケーション
◎渡辺 拓哉・鈴木 孝幸・清原 良三(神奈川工科大学)
M-013行動認識センサによる対話型コミュニケーション検出の実験と評価
◎伊藤 優樹・上野 正義・高橋 大夢(東北大学)・千葉 慎二(仙台高等専門学校)・阿部 亨・菅沼 拓夫(東北大学)
ユビキタスコンピューティングシステム
8月26日(木)15:30-17:30 5p会場
M-014感染症予防行動を促進させるインセンティブモデルの構築に向けて
○陳 美怡・幡井 皓介・西山 勇毅・瀬崎 薫(東京大学)
M-015生産効率の低下を招くトラブルを予測する中小製造業向けIoTシステムの提案
◎加藤 哲朗・大倉 祐希・岩本 健嗣(富山県立大学)
M-016加速度センサを装着したIoTモップによる清掃行動認識
◎八重樫 遼・中山 悠(東京農工大学)
M-017e-Health System for Stress Management based on Heart Rate Variability
○Rene Antonio Oliveira Nzinga・奥原 浩之(富山県立大学)
M-018ながら運動促進システム実現のための基礎検討
◎小林 美月・辻 愛里・藤波 香織(東京農工大学)
M-019Food intake monitoring based on acoustic and acceleration information
◎KHAN AHMAD YEASEEN・西村 雅史(静岡大学)
ネットワーク
8月27日(金)9:30-12:00 6q会場
M-020Publisher移動に対応したNDNにおけるInterest転送手法
◎岩本 太壱・重安 哲也(県立広島大学)
M-021災害発生初期におけるUAVアドホックネットワークでの優先度を用いた通信手法の研究
◎今野 瞭・小原 和也・今井 信太郎・新井 義和・猪股 俊光(岩手県立大学)
M-022緊急度の高いメッセージにおけるQoS制御を考慮した拡張MQTT法に関する評価
◎遠藤 繁之(福岡工業大学)・柴田 義孝(岩手県立大学)・内田 法彦(福岡工業大学)
M-023通信プロトコルの違いによるメッセージブローカの処理時間の比較
◎中川 雄介・乃村 能成(岡山大学)
M-024エッジ経由の通信経路を考慮した次世代モバイル網制御手法に関する研究
◎馬場 亮太・関谷 勇司・石原 知洋(東京大学)・堀場 勝広(ソフトバンク)
M-025ノード間の接続性を考慮した電波強度に基づく放牧牛の位置推定
◎若菜 理志・大川 剛直・大山 憲二・太田 能(神戸大学)
マルチメディア通信と分散処理
8月27日(金)13:10-15:40 7p会場
M-026情報提示へ向けたWebベースおよび力学モデルによるデバイス選択手法
○阿部 晋矢・佐藤 辰哉・佐藤 壮一・小松 佑人・藤沢 寛・藤津 智(日本放送協会)
M-027端末連携機能の拡張により伝送路抽象化を可能とする受信機アーキテクチャ
◎瀧口 徹・松村 欣司・藤沢 寛(日本放送協会)
M-028ビジュアルプログラミングによる視覚的な非同期処理の学習支援システムの提案と試作
◎玉木 英鴻・平山 勇太・横井 翔太・早川 智一(明治大学)
M-029Web Workerの学習コストと非同期処理との親和性とに着目したJavaScriptスレッドライブラリの提案と試作
◎水村 総之介・阿部 創志朗・早川 智一(明治大学)
M-030時間割編成問題を記述可能なドメイン特化言語AUKの提案
◎松田 陸斗・乃村 能成(岡山大学)
M-031ファイルアクセス履歴からコンパイルを必要とする作業を推定する手法
◎野村 優文・乃村 能成(岡山大学)