第21回日本物理学会Jr.セッション(2025)

Jr.セッションは中高生による物理的内容を含む理科の研究発表の場で,世界物理年の2005年からスタートしました。
Jr.セッションは,毎年、日本物理学会年次大会・大会の期間中またはその前後に開催しています。

第21日本物理学会Jr.セッション(2025)は、
2025年3月15日(土) に
オンライン(Zoomミーティングを用いたライブ配信)
で開催いたします。

※発表形式は口頭発表(Zoomミーティングを用いたライブ配信、スライドを使用したプレゼンテーション)です。
※応募方法(研究レポートの提出等)は例年通りですが、記入項目が追加予定です。
※Jr.セッション後、3月28日(金)午後に現地最終フォローアップ発表会を開催予定です(開催予定地:東京農工大学小金井キャンパス)。
 各研究チームごとに割り当てられたブースで、ポスター等を使いながら発表して、
プロの物理学者や他校の参加生徒と直接、研究の議論ができます。
 なお、この発表は賞の審査対象ではありません。
午前中には開催地大学の主催で研究室見学も計画されています。

応募受付期間
決定次第掲載いたします。

新着情報

2024年7月18日
第21回日本物理学会Jr.セッション(2025)の開催日を公開しました。

概要

物理学会Jr.セッションでは研究倫理教育の推進に努めております。
応募される生徒さん、指導に当たられる先生方も研究倫理教育の推進にご理解頂くようお願い致します。
※詳しくは募集要項(準備中)をご確認ください。

時:
2025年3月15日(土)  
所:
オンライン(Zoomミーティングを用いたライブ配信)
参加費:
無料
(但し、Zoomミーティングに接続できるネット環境と端末は参加者ご自身でご用意下さい。)
応募資格:
全国の高等学校・高等専門学校生(但し、高専は3年生まで)、また中学生の応募も可。
(必ず保護者や教員等の責任者に承諾を得た上で応募してください。)
  ※共同研究者についても、代表研究者と同様の応募資格を満たす必要があります。
  ※代表研究者として応募できる研究は一件に限ります。
応募対象研究:
物理学に関わるオリジナルな研究
発表形式:
口頭発表(Zoomミーティングを用いたライブ配信、スライドを使用したプレゼンテーション)
応募受付期間:
決定次第、本ページにてお知らせいたします。
応募方法:
応募方法などについては応募についてをご確認ください。
主  催:
一般社団法人 日本物理学会
共  催:
高等学校文化連盟全国自然科学専門部
お問合せ先:
日本物理学会事務局・Jr.セッション担当
電話:03-3816-6201(代表) メール:jrcom-s@jps.or.jp

協賛企業

株式会社 リガク






JSR 株式会社







理研計器株式会社





株式会社半導体エネルギー研究所




日本物理学会会友制度へのお誘い

日本物理学会は、社会で活躍される皆さまに物理学の最新の動きをお知らせし、
その素晴らしさを共有していただきたく、会友制度を設けております。是非会友へご登録ください。
詳細はこちら





このページのトップへ