第18回日本物理学会Jr.セッション(2022)

Jr.セッションは中高生による物理的内容を含む理科の研究発表の場で,世界物理年の2005年からスタートしました。
Jr.セッションは,毎年日本物理学会年次大会で開催しています。

物理教育功労賞

本賞は、Jr.セッションでの発表へ向けて生徒の指導にあたられた方の功績を称えるために2013年に制定されました。受賞者は下記記載の通りです。 なお、本賞の表彰はJr.セッションの会場で行います。

(規定抜粋)

第2条
本賞の表彰基準は次の1)と2)を共に満たすこととする。
1)
当年度までに、指導された研究が通算5年間にわたりJr.セッション第2次審査を通過し発表された方。
(例:A校で3年、B校に移られて通算2年、それぞれの学校で指導された研究が発表された場合、対象とする。)
2)
前年度までに2件以上のJr.セッション賞の受賞に貢献された方。

受賞者一覧(2021年)  (敬称略。所属は2020年度在籍校)

受賞者一覧(2020年)  (敬称略。所属は2019年度在籍校)

受賞者一覧(2019年)  (敬称略。所属は2018年度在籍校)

受賞者一覧(2018年)  (敬称略。所属は2017年度在籍校)

受賞者一覧(2017年)  (敬称略。所属は2016年度在籍校)

受賞者一覧(2016年)  (50音順,敬称略。所属は2015年度在籍校)

受賞者一覧(2015年)  (50音順,敬称略。所属は2014年度在籍校)

受賞者一覧(2014年)  (50音順,敬称略。所属は2013年度在籍校)

受賞者一覧(2013年)  (50音順,敬称略。所属は2012年度在籍校)

Jr.セッションのトップへ
このページのトップへ